血圧には日内変動があり、夜間は低下し覚醒に向け上昇するのが正常であるが、
ヒトの場合、起床すると心臓が相対的に高い位置となるため脳の血流を保つため血圧は
さらに上昇する。
心臓血管疾患や脳血管障害は朝6時から正午までの時間帯に多発することが知られており、
この時間帯に急性心筋梗塞は4割、脳血管疾患は5割増加する。
最近、早朝昇圧が脳血管疾患の危険因子であることが報告された。
現在のところ、明確な早朝高血圧の診断基準はないが、ある研究によれば
早朝家庭血圧が138/83以上になると心血管疾患関連による死亡が増加した。
これから考えると、早朝血圧は135/85以下に抑えることが望ましいと考えられた。
そのためには、24時間降圧作用が安定した薬剤を用いるか、又は降圧剤を夕食後や
就寝前に服用する必要がある。

早朝高血圧