カナダ式ポイント制チェックリスト          

@38度以上の発熱    ポイント1
A咳嗽がない    ポイント1
B前頚部リンパ節腫脹  ポイント1
C扁桃が腫れている、又は滲出物がある ポイント1
D年齢が3〜14歳    ポイント1
E年齢が15〜44歳   ポイント0
F年齢が45歳以上   ポイント-1



●ポイント0 地域で流行がない限り、溶連菌感染症の可能性は2〜3%
           培養も抗菌薬も不要
●ポイント1 
  4〜6%  培養も抗菌薬も不要
●ポイント2
 10〜20% 培養陽性なら抗菌薬で治療
●ポイント3 
27〜28% 培養陽性なら抗菌薬で治療
●ポイント4以上 
可能性は38〜63% 培養は勧められるが、
           とにかく抗菌薬で治療






咽頭痛を訴える患者の扱い