肥満は高血圧や糖尿病等様々な病気の誘因になりますが、肥満が関連した病気で
睡眠時無呼吸症候群という病気があります。
 平成15年2月に山陽新幹線の運転手が運転中に居眠りをして停車駅をオーバーラン
した事件がありました。その運転手を調べた結果、睡眠時無呼吸症候群であることが
わかり、この病気は一躍有名になりました。この病気は20数年前までは日本では全く
知られていませんでした。この病気を一言でいえば、睡眠時に呼吸が止まり熟睡でき
ないために昼間に眠くてしかたない、そして、居眠りをしてしまう病気です。
睡眠時無呼吸の定義
『一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸(呼吸停止)が30回以上おこる、
 又は、睡眠1時間あたりの無呼吸が5回以上おこる』

 呼吸の止まり方によって、2つに分類されています。
@中枢型→呼吸運動そのものが止まってしまうために無呼吸となる
A閉塞型→上気道(鼻から気管の入り口まで)に閉塞が生じるために無呼吸となる
 中枢型は成人で見つかることはほとんどなく、多くは小児期に死亡していると考え
られています。乳幼児突然症候群の原因の一つではないかと推測されています。
通常、成人にみられるのは上気道閉塞型で、女性にもみられますが肥満した中年男性
に圧倒的に多くみられます。ただし、子供でも著名な扁桃肥大は無呼吸をおこす原因
となります。  
 閉塞型は激しい鼾が特徴で、それも呼吸が止まるために不規則な鼾となります。
症状 激しい不規則な鼾
   日中の異常な眠気・居眠り
   起床時の頭痛
   知性の低下・人格の変化

 睡眠時無呼吸症候群による重大事故というのが判明しており、重大事故の例として
スリーマイル島原発事故、チェルノブイリ原発事故、スペースシャトルチャレンジャ
ー号事故、アラスカ沖タンカー座礁事故などがあります。
 
放置すると、心不全や呼吸不全をおこします。そこまでいかなくても、ある程度重
くなった場合生存率が低下します。7〜8年後には20〜30%の人が死亡すると報告さ
れています。その死亡原因の多くは心筋梗塞や脳卒中です

治療としては体重の減量がもっとも基本となりますが、減量できない時にはNasal CPAP
経鼻的持続的陽圧呼吸等があります。

  

現在、スクリーニング検査 は、自宅で簡単に行うことができます。                      

  
topへ

睡眠時無呼吸症候群 Sleep apnea syndrome