Ca拮抗剤による歯肉増殖
発症が20〜44%といわれている
ジヒドロピリジン系のものが多い
自覚症状はあまりない
投与開始後1〜3ヶ月後に発症することが多く、多めに投与されているほど多い

口の中の清掃状態にもっとも関連がある
口腔内のバクテリアによる慢性炎症が起きた場合に
重症度が強くでる、発症頻度も多くなる
 歯肉増殖が発症した場合、まず、歯科受診をして口の中の清掃をする、または歯石
 をとって,いわゆる炎症性の起炎物質を除去する
 それでもおさまらないときは薬剤を変更する
 口腔内の汚れをコントロールすることによりある程度は抑制できる
 歯が抜けると増殖がなくなる