むずむず足症候群 Restless legs syndrome

夜間に足(ふくらはぎ中心)がむずむずして眠れなくなる原因不明の疾患
日本人の有病率は3〜5%程度と推定
透析、糖尿病、貧血などがあると有病率が高まる
好発年齢は、40〜50歳台
診断基準
 @むずむずする違和感で手足を動かしたいという欲求がある
 A動かすと楽になる
 B安静時や臥位で症状が出現、又は増悪する
 C夕方から夜に増悪する

  以上4つがあれば間違いない

治療
 生活習慣の改善  
  カフェイン・アルコールは増悪因子であるので、夕方以降の摂取を
  控える。
  下肢の筋肉疲労をとるため、下肢のマッサージやストレッチを行う。
 薬物療法
  ・クロナゼパム(抗癲癇薬)少量投与
    効果は4割程度
  ・プラミペキソール(パーキンソン治療薬)
   0.125〜0.5mg/日 の少量投与でよい 1mgを超えることはない
  
  ・レボドバ 飛行機など特定の条件下で症状が出現する時

  ※米国ではロペニロールを使用されるようになってきたが日本では未承認

  多くは薬剤によって症状が改善するが、中止すると再発する。
  10人に1人は薬剤に耐性を生じるが、一度投与を中止すれば、再開後には
  初回と同様の効果が得られる。

  ※抗ドーパミン作用のある抗うつ剤では、逆に症状を悪化させるので注意

 

  

戻る