花粉症にはアレルギ−性鼻炎、アレルギ−性結膜炎以外に喉頭アレルギ−
という病態があります。
喉頭アレルギ−は、のどの痒み・イガイガ感・咳嗽など咽喉頭症状を呈します。 

喉頭アレルギ−診断基準

1.喘鳴を伴わない3週間以上持続する乾性咳嗽
2.3週間以上持続する咽喉頭異常感(のどが痒い・イガイガする・チクチクする)
3.アトピ−素因を示唆する所見の1つ以上を認める
4.鎮咳剤や気管支拡張剤を服用しても咳嗽が改善しない
5.明らかな喉頭炎、異物、腫瘍がない。

6.肺機能検査正常
7.胸部レントゲン・副鼻腔レントゲンに咳嗽の原因が認められない
8.ヒスタミンH1拮抗薬やステロイド剤が有効である
9.咳嗽の原因として逆流性食道炎が考えられない

こんな症状が出てきていませんか?
        【 花 粉 症 チ ェ ッ ク 】

くしゃみが、10回前後続けて出る。1日中止まらないこともある。
  (風邪の場合は、続いても3〜4回です)

透明でサラサラした鼻水が止まらず、花粉の飛散が終わるまで続く。
  (風邪の場合は、粘っこい鼻水が出ます)

頑固な鼻づまりが長く続く。鼻がつまって夜も眠れないほど。
  (風邪の場合は、数日で治ります)

花粉が目に入ると目をゴシゴシこすりたくなるほどのかゆみを感じる。
  これが両目に見られ、白目の部分が充血したり、まぶたが腫れること
  こともある。(風邪の場合は、目に症状が出ることはありません)
★ひとつでも当てはまるものがある人は「花粉症」の疑いがあります!
花粉症
戻る