これは私自身の呼気中FeNOとフロ-ボリュ-ム曲線です。
        


これは私自身の呼気NOとフロ-ボリュ-ム曲線です。

4月30日軽い咳き込みと喉のムズムズ感と胸部不快感(胸がムンムン)が出現したので、呼気Noを測定した結果、53ありました。
(通常の私の呼気中FeNOは20前後です)。
たいした咳嗽は無かったので、試しに抗LT薬のみ服薬し始めました。

翌日の5月1日朝は呼気NO33と少し下がりました。すぐに下がるだろうと、私はそのまま旅行にでかけました。

3日の夕方に旅行より帰宅し、早速呼気NOを再検しました、結果41と高いままで、フロ-ボリュ-ム検査を行った結果、PEFも下がり始めていました。流石にこれはまずいと考え吸入ステロイドを開始しました。
4日朝のNOは46、PEF58でしたが、胸と喉の不快感は改善していました。

夕方には咳嗽も全く消失し、Noも33へ低下し始めました。

呼気NOも5日6日と順調に改善し、フロ-ボリュ-ム検査も末梢気道以外は回復しました。
たいした症状がなくとも、このような変化が起こりうることにちょっと驚かされました。