結節性紅斑

両側の下腿伸側に生じる暗赤色で有痛性の結節。
皮下脂肪組織の炎症で、免疫反応により引き起こされると考えられている。
20〜40歳の女性に多い。
結節は1〜5cm大で暗赤色を呈し、皮膚面から隆起しているが、境界は不明瞭。
個々の結節は2〜3週間で治癒することが多く、全経過は6〜8週間で治癒。
原因は、感染症、非感染性炎症疾患、悪性腫瘍、薬剤性などが考えられるが、
30〜60%は原因不明。


T.感染症
 @細菌
  
連鎖球菌、サルモネラ、赤痢菌、Campylobacter jejuni 、抗酸菌Mycoplasma pneumoniae
  クラミジア、レプトスピラ
 Aウイルス
  気道ウイルス、麻疹、B型・C型肝炎ウイルス、EBV
 B原虫、真菌

U.炎症性疾患
 サルコイド−シス、クローン病、潰瘍性大腸炎、ベーチェット病、シェーグレン症候群
V.悪性腫瘍
 急性骨髄単球性白血病、ホジキン病
W.薬剤
 
経口避妊薬スルホニル尿素薬、塩酸ミノサイクリン、オメプラゾール、フェニトイン

 
対症療法
 発熱・疼痛 NSAID
 局所療法 グルココルチコイドの外用・圧迫療法
 下肢挙上、安静臥床

戻る