flow-volume curve.

戻る

スパイロメ−タ−

スパイロメ−タでフロ−ボリュ−ム曲線を測定する
ことにより、
肺気腫や気管支喘息を診断することができます。

各疾患のフロ−ボリュ−ムパタ−ン

正常

気管支喘息

実線−測定曲線

咳だけが持続し、喘鳴(ゼ−ゼ−)はありませんでしたが、フロ−ボリュ−ム曲線は喘息パタ−ンで、咳
異型喘息と考えられました。
この場合、吸入ステロイド剤が有効でした。

点線-予想曲線

咳が持続した患者さんですがフロ−ボリュ−ム曲線は正常パターンで気管支炎と考えられました。

長引く咳嗽

喘息の器質化

肺気腫

慢性気管支炎

慢性気管支炎

気管支喘息

咳異型喘息

肺気腫

実際のフロ−ボリュ−ム曲線

咳嗽と喘鳴をともなう
気管支喘息発作。

タバコを1日20本40年間吸い続けてきた患者さんで、
咳と喘鳴を訴えて受診されました。

長年にわたり、タバコを吸い続けて
きた患者さんです。
体動時の息切れもあります。

40台の喘息患者さんです。
非発作時にもかかわらず、
喘息発作のパターンが固定して
います。