医療

当院は小児科ではありませんが、幼児以上の診療には対応しています。
下の写真は、
迅速診断キットSTREPAにより診断された溶連菌感染症の患児です。

迅速検査により、白血球数やCRP(炎症反応)検査を
5-6分程度で測定できます。

パソコンソフトを利用して、お薬の説明を印刷して
お渡ししています。

小児肺炎(左下肺野)の症例です。

気管支喘息の治療について:

今日、気管支喘息の病態は気道の慢性炎症で
あることが判明しています。
当院では、吸入ステロイドを使用した気管支喘息
の標準治療を行っています。

この患者さんでは、著明なプラークと
石灰化を認めます。高度な動脈硬化例です。

頚動脈のIMT(内膜+中膜)の厚さを測定することにより
動脈硬化の状態を知ることができます。

戻る

肺梗塞の症例:
強い呼吸困難を訴えて来院された50歳台の
男性です。パルスオキシメータ−により、動脈血
中の酸素飽和度が著明に低下していることが確
認されました。胸部X線写真では、肺動脈のうっ血
のみが認められました。

胸部大動脈の症例:
当院では取手市医師会病院と病診連携を
とっており、予約により待ち時間無しで
胸部CT検査を受けることができます。

長引く咳嗽の原因の1つ
(RSV迅速検査陽性例)

6月に1ヶ月間も咳嗽が持続していた50歳代の女性ですが、RSV検査が陽性にでました。RSV感染症は秋から冬に多い疾患ですが、夏にもあるようです。

頚動脈エコ−検査

デジタルレントゲン:
現像の必要がなく、即座に診療室にレントゲン画像
が送られてきます。

ガフキ−7号の肺結核
のレントゲン像