インフルエンザの診断

現在は数種類のインフルエンザ迅速診断キットがあり、10分前後でインフルエンザの診断を
することができます。
しかし、診断率は100%ではありません。また、発病早期には検査結果が陰性に出る、いわゆる
偽陰性のことがあります。
ですから、検査が陰性でも必ずしもインフルエンザを否定できるわけではありません。

インフルエンザA陽性例

インフルエンザB陽性例

インフルエンザの治療

A型インフルエンザだけに有効なシンメトレル(アマンタジン)とA型とB型の
両方に有効なタミフルがあります。

大人用のタミフルカプセルと小児用ドライシロップ

戻る
インフルエンザの症状