食物アレルギ−

アナフィラキシ−の原因物質
米国:ピーナッツ、ナッツ類、魚、甲殻類・貝類
日本:鶏卵、牛乳・乳製品、小麦、そば、ピーナッツ、エビ、イクラ、モモ、大豆、キウイ
    バナナ、ヤマイモ、カニ、サケ、ブリ

 outgrowしにくい食品(成人まで持ち越す)
  ピーナッツ、ナッツ類、ソバ、エビ、カニ、魚
 outgrowすることが多い食品
  鶏卵、牛乳、小麦
  鶏卵は2歳を過ぎると寛解することが多く、7歳ではほとんど寛解する。
  牛乳は1歳までに56%、2歳までに77%、3歳までに87%が寛解するとされている
 
   半年から1年に1回は、除去を続けるか否か検討する

治療
 局所の蕁麻疹:抗ヒスタミン薬の内服
 アナフィラキシ−:ボスミンの筋注又は皮下注
            小児 0.005〜0.01/kg 最大0.3cc
            成人 0.2〜1cc
         10〜15分毎に反復可  大腿部前外側部が推奨

Grade3以上では、アドレナリンの注射が必要となる
しかし、既往歴にGrade4以上の重篤な症状のあった症例では、原因食物を摂取した段階で
症状がなくても注射すべきである

Grade 皮膚症状 消化管症状 呼吸器症状 心血管症状 神経症状
 1 局所の掻痒、発赤、蕁麻疹
血管性浮腫
口腔粘膜の掻痒、ヒリヒリする痛み
軽度の口唇腫脹
 2 全身性掻痒、発赤、蕁麻疹
血管性浮腫
上記のいずれか
嘔気 又は嘔吐
鼻閉 又はくしゃみ 活動性の変化
 3 上記のいずれか 上記のいずれか+反復性嘔吐 鼻汁、著明な鼻閉、
喉頭掻痒感又は絞扼感
頻脈 活動性変化+不安感
 4 上記のいずれか 上記のいずれか+下痢 上記のいずれか
嗄声、犬吠様咳嗽、嚥下困難
呼吸困難、喘鳴、チアノーゼ
上記のいずれかリズム障害
又は軽度低血圧

説明のつかない恐怖感
 5 上記のいずれか 上記のいずれか+排便管理の消失 上記のいずれか
呼吸停止
重症徐脈又は低血圧
又は心停止
意識消失

食物依存性運動誘発性アナフィラキシー(food dependent exercise-induced anaphylaxis:FDEIA

食物によるアナフィラキシ−のグレイド別症状