インフルエンザの年齢別発熱例

(外来小児科学より)

インフルエンザの症状

潜伏期:1〜2日
発病  :急激に上昇する発熱
症状  :全身症状   発熱・倦怠感・頭痛・腰痛・関節痛
     呼吸器症状 鼻汁・咽頭痛・咳嗽
     消化器症状 腹痛・嘔吐・下痢  

39度前後の発熱が2〜3日続き、分利状に解熱するものが最も多い。
小児では一旦解熱した後、第4〜5病日に再び発熱して翌日解熱する
M型を呈する例が多い。
時には発熱が5日以上持続することがある。
呼吸器症状は発熱に1〜2日遅れて出現することが多く、次第に強くなり、
解熱傾向のある第4病日に最も強くなる。

しばしば消化器症状を伴う。

患者の年齢分布は5歳以下、1〜2歳に集中し0歳での発症は比較的少ない。
インフルエンザ発症から神経症状発現までの日数は当日又は翌日に集中して
いる。
2002年の調査では患者年齢分布は2歳にピークがあり、1、3歳がその前後に
位置する。0歳は学童と同程度の低さである。

神経症状: 痙攣91%
      嘔吐25%
      異常行動19%
   幻視幻聴・異常興奮など【意味不明の言動】が
     
失見当識13%   しばしば出現する
       
2002年の調査では致死率15%、重度後遺症8.5%、軽度後遺症13%、完治50%と
以前より改善傾向にある。
検査では血小板減少は予後不良の兆候で、5万/μl以下ではほとんど例が死亡し
ている

インフルエンザ脳症

戻る