カーネット徴候 Carnett sign
 
腹痛の原因が、腹壁(筋肉、骨、神経)にあるか腹腔内にあるかを鑑別するサイン。
【方法】
仰臥位で両腕を胸にクロスさせて置く。
一番強い圧痛点に手を置いたまま頭部がベッドからわずかに浮く程度に挙上
させて、腹部の筋肉を緊張させる。
【判定】
圧痛減弱→陰性:腹腔内臓器の疼痛を示唆
圧痛不変→陽性:腹壁性の疼痛を示唆
圧痛増強→強陽性:腹壁性の疼痛を強く示唆

戻る