気管支喘息とウイルス感染

成人喘息の増悪因子には、気道感染、季節の変化、過労などがあるが、
最も多いのはウイルス感染であり、これにはライノウイルス、RSウイルス、
インフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルスなどがある。
ウイルス感染が喘息患者の気道に起こると、気道上皮細胞から産生された
サイトカインやケモカインが好酸球や好中球などの炎症細胞を遊走、
活性化させ、その結果気道炎症の増悪が起こり、喘息の急性増悪が生じる
と考えられている。

 
吸入ステロイド剤は急性増悪を減少させるが、単剤増量よりも長時間作用型β2刺激薬
を併用するほうが、より急性増悪の予防効果が優れていると報告されている。
 急性増悪時には経口ステロイド剤や短時間作用型β2刺激薬を使用することが推奨される。

ウイルス感染による気道炎症増悪のメカニズム

アレルギ−学会誌 55(5)517-521 2006